MENU

男でも正しい化粧水の付け方を徹底するべき!

 

f:id:reapers020701:20180401224610j:plain

みなさんお風呂上りなどにはきちんとスキンケアを行ってますか?

 

女性なら「当たり前でしょ」という方もいるとは思いますが男性はどうでしょう?

またスキンケアを行っていてもそのやり方は本当に正しいのか?

 

色々調べてみました^^

 

 

 

化粧水を付けるタイミング

 

化粧水を付けるタイミングっていつがベストなんでしょう?

ズバリお風呂や洗顔をした後すぐです。まず何よりも優先的にスキンケアを行いましょう。でないと洗顔後の顔は皮脂も少なくなっているのであっという間に乾燥してしまいます。肌が乾燥すれば角質も固くなるので、その後の化粧水の浸透率も低下させる恐れがあります。

そしてもう一つ大事な事は顔の水滴をタオルで拭き取る際に絶対に強く擦ってはならない事。タオルって種類にもよりますが思ってるより表面は粗いんです。なのでお風呂上がりの無防備な肌にとってのタオルによる摩擦は天敵です。あくまでも『水分を吸い取る』というイメージで拭き上げましょう。

 

 

化粧水の正しい付け方

 

みなさんは化粧水は手で付けてますか?それともコットンを使っていますか?

どっちの方が化粧水の浸透率がいいんでしょう?

この質問はよく聞かれる質問ですが、実はこれどちらが正解とか不正解とかっていう事ではなさそうで、すべてはやり方次第だそうです。

 

まずは手で化粧水を付けるメリットですが、手のひらに化粧水を出してつけると化粧水が体温で温まります。温まった化粧水だと肌に成分が浸透しやすくなります。血液の流れを阻害することなく皮膚細胞の働きを促進させてくれるんですね。じんわりと化粧水を肌に手で押し込むようにつけることで肌の奥までしっかり浸透させることができるのもメリットです。

それと、コットンとは違いお肌に対して摩擦が起きることも無いので肌に対しての刺激を抑える事が出来ます。

 

注意点としては、まず手そのものが清潔であることが前提となります。基本的に化粧水を付けるタイミングはお風呂上りや洗顔後になると思うので手が汚れた状態ということはほとんどないと思いますが、デリケートなお肌にとって手の汚れは雑菌が付く原因泡立ちにも影響してきます。

 

 

 

◆パッティングに関しての注意

 

化粧水を付けるときに意識するのが『パッティング』ですよね。実はこのパッティングはやり方次第ではやらない方が良い場合があります。というより、素人が行っているパッティングの大半が間違ったやり方です。パッティングと聞いて思い浮かべるのは、『叩き込む』というイメージではありませんか?もしそうであれば注意してください。過度にパッティングを行うのは毛細血管を傷つけ『赤ら顔』になるのとパッティングによる刺激を受け続けると肌細胞がダメージを受けてシミやシワの原因になる可能性もあります。

正しい技術としては下から上に向かってゆっくりとめくりあげる感じ、、、とは言っても中々素人には難しい要素があるので『叩き込む』のではなく『しっかりと塗り込む』というイメージを持ちながら行いましょう。

 

 

 

◆コットンは使った方がいいの?

 

みなさんは化粧水を付けるタイミングでコットンを使っている方はいますか?

もしくはコットンは使ってるけど、コットンを使う上でのメリットデメリット

が分からないという方も少なくはないんでしょうか?

コットンを使う上でのメリットとしては清潔面が確保されていて尚且つコットンの表面には凹凸が無いため肌への刺激が少ないという利点があります。

では、デメリットはどうでしょう?コットンを使うデメリットなんてあるの?という方もいると思いますが、意外に注意点が多いです。

コットンの場合は繊維自体が肌に残ってしまったり、毛羽立ちなどでどうしても繊維が肌の刺激となり、また化粧水がコットン全体にしっかり沁みていなかったり、逆に量が多すぎると肌への負担になります。化粧水を顔に付けた後、コットンが毛羽立っているときは化粧水が多すぎか少なすぎのサインです。

 

◆素人でもコットンを上手に使うには

f:id:reapers020701:20180401224742j:plain

 

コットンに水を染み込ませる

 

まずはコットンに化粧水を付ける前にをコットンに染みこませます。その理由は乾いたままのコットンだと化粧水がコットン全体に行きわたらず、肌につける際になじみが悪くなるからです。

 

②利き手に持ち替える

この際、持ち方人さし指と薬指、もしくは人さし指と小指ではむようにして持ちましょう。

 

顔につける

顔の内側から外側に向かって丁寧にふくようにつけましょう。頬や額など面積の広い部分から、鼻、あごの細かいところにつけていきましょう。

 

④保湿が不十分な場合は追加

化粧水が足りない場合は追加で付けたし全体に化粧水がしみ込んだことを確認できれば完了です。

 

 

 

 

 

 

さいごに

いかがでしたか?いつものスキンケアで生かせる知識が少しでも増えましたか?

キッチリとスキンケアを行うのは女性のみではなく男性にも言えることです。

今回説明したのはあくまでも基本事項なので後は今の自分の肌に合ったスキンケアを行うことが大事です。今からきちんとケアを行うことで数年後の自分の肌への投資となりますよ♪