MENU

もしこの世に紫外線がなければあなたの肌が老化する確率は20%で済む

f:id:reapers020701:20180415162138j:plain

 

 

 

女性はもちろん敏感な男性にとっても大敵な紫外線

 

 

 

この紫外線が私たちにどのような影響をもたらすのでしょうか?

ずばり肌が老化する原因の約80%が紫外線によるものといわれています。つまりもしこの地球上に紫外線がなければその80%がなくなるわけですから、老化する確率は20%に抑えられるということですね^^

 

 

とは言っても紫外線をこの世から消すことはできないし、それに仮に紫外線を消す事ができて肌の老化を防げてもビタミンD不足を起こし骨の成長を著しく低下させたり、一部の植物の生長の妨げになったりと色々なデメリットもあります。

 

ではこれからどのようにして紫外線と付き合っていけばよいのでしょう?

 

 

紫外線について

f:id:reapers020701:20180415162337j:plain

紫外線とはいわゆる「不可視光線」のことです。(わかりにくい!)

簡単に説明すると太陽の光の中にある成分のひとつですね。

 

で、一般に私たちが知っておくべき知識としてはその紫外線の種類。

紫外線の種類は3つあります。

 

UVA(紫外線A波)

「生活紫外線」ともよばれるUVAは波長が特に長いため、天候に左右されることなく、雲を通り抜け、窓ガラスなども簡単に通過してきます。それだけこのUVAと接する時間が多いという事です。このUVAが肌に与える影響としては波長が長いがゆえに肌の深いところまで届き、コラーゲンを破壊します。その結果シワたるみを引き起こします。

 

UVB(紫外線B波)

「レジャー紫外線」とも言われるUVBの特徴としてはUVAよりも波長が短く中程度となります。つまりUVAよりかは深いところまで届かず、肌の表面で吸収してしまいます。そのため日焼けによる赤みひりつきシミなどはこのUVBが原因となります。

ちなみにこのUVB地上への線量はUVAよりはるかに少ないのですが影響力に関してはUVAの約1000倍有害ともいわれています。

 

UVC(紫外線C波)

あまり耳にしないこのUVC。それもそのはずで基本的にはUVCは地上に届くことはありません。なぜならオゾン層で全て吸収されているからです。しかしこのUVC、他のUVAやUVBに比べるとはるかに有毒で且つ危険性の高い紫外線となっています。今現在はオゾン層で吸収していても地球の温暖化によりオゾン層が破壊されるとこのUVCが地上に届き、人はもちろん植物に対しても様々な悪影響を与える事が懸念されています。

 

 

 

紫外線対策

f:id:reapers020701:20180415164907p:plain

日焼けから身を守るためには、紫外線を浴びない事が一番の対策になります。しかし日常生活上、外に全く出ずに家の中に閉じこもっているわけにもいきませよね。外出時には紫外線の影響をできるだけ受けないための工夫をする事が大切です。

 

紫外線防止アイテムの活用

夏が近づくにつれて紫外線が強くなってくることはみなさん知ってますよね?

そんな時にはしっかりと帽子や日傘、サングラスを使用することが大事になってきます。(ただしサングラスの場合は紫外線効果のあるものを選ぶこと)

 

紫外線を受けにくい服装を選ぶ

紫外線から肌を守るには、肌を覆いやすい長袖や襟のついた服のほか、紫外線を防ぐのに有効な素材や色を選ぶなど、紫外線対策になる服装を身に着けるようにしましょう。

 

紫外線を極力浴びないようにする

当たり前のようなことですが、それでも日陰は日なたに比べて紫外線量が半分程度に減少すると言われています。外出の際はなるべく日陰を歩いたり、時々建物や地下道に入るなど、紫外線を続けて長時間浴び続けない工夫をしましょう。

 

日焼け止めクリームを塗る

恐らくこれが日焼け止め対策のメインどころになってくると思います。日焼け止め防止のアイテムでカバーができない顔や手などの皮膚には日焼け止めクリームが一番効果的です。ちなみにみなさん日焼け止めクリームでよく見る「SPF」「PA」の意味はご存知ですか?日焼け止めを常に使用している方なら知っているかもしれませんが、たまにしか使わない方や男性は見たことはあってもあまり気にしてなかったりする事もあると思います。そこでそれぞれの意味を調べてみました。

 

PA(Protection Grade of UVA)

UVAを防ぐという意味。よく「PA+」などの表示を見かけると思いますが、この「+」は単純に効果の高さを表す記号で「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の四段階になっており「+」が多いほど高い効果を意味するものとなっています。

 

 

SPF(Sun Protection Factor)

UVBを防ぐという意味。これもよく「SPF15」などと表記されているものがありますよね。これは例えば仮に日焼けをして 10分で肌が赤くなる人が使用すると、その10分15倍延長して日焼けをするまでの時間が150分に延ばす事ができるよということになります。

 

 

ただし、これらの指標の効果は、適した量を塗ることで発揮されます。適量は皮膚1平方センチメートル当たり2mgといわれています。これだと結構な量で、実際に製品を使っている人はその半量程度しか塗っていません。適量を守れていれば、日常的には「SPF15」「PA+」の製品で十分ですが、適量より少なくなりがちな人は「SPF50」「PA++++」など値の高めな製品を選ぶといいでしょう。

 

 

 

 

 

さいごに

夏が近づくに連れて意識し始める紫外線対策ですが、やっぱり早めの対策が大事って事ですね♪肌を意識する女性をはじめ、肌に対して敏感な男性にも大敵となる紫外線。

日焼けした体は健康的ですが、それでもあなたの大事なお肌なのでしっかりと守っていきましょう。

ちなみに自分は男ですが男でもやっぱり紫外線対策は必要です!今の紫外線対策は将来の自分の肌への投資と思って行いましょう(^_-)-☆

 


アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+/PA++++ 60mL

 


アネッサ エッセンスUVアクアブースター トライアルセット3


この記事を読んで少しでも面白かった、為になったなと思ったら是非シェア、ブックマークよろしくお願いします♪